取引条件

  1. FIXIO(フィクシオ)
  2. 取引口座

取引条件

フィクシオ(FIXIO)のサービスをご利用になる前に、下記の取引条件をよくお読みください。
お客様には、本契約にご同意いただきました場合にのみ、フィクシオ(FIXIO)取引口座を開設しご利用いただくことができます。なお、フィクシオ(FIXIO)取引口座を開設されることによって、お客様は本契約書の各条項に同意したものとみなします。つきましては、本契約にご同意いただけない場合には、フィクシオ(FIXIO)取引口座の開設をご遠慮ください。

  • マーケットウォッチ

    Prex Markets Limitedは、正確な市場情報と価格を確保するために、いくつかの主要な銀行/流動性提供者/取引所から最良の価格を取得します。もし、いくつかの価格提供者が閉鎖/故障した場合、CFD全てまたは一部のために提供される見積もりは、各CFDに対して現在の売値と買値と思われる価格を反映したものになります。私たちの価格が世界市場で最も良い価格であることを保証するものではありません。

    お客様は、私たちのマーケットウォッチが現在の世界市場の指標であることに同意します。このサービスに関する誤解がある場合は、フィクシーFXのカスタマーサポートまでご連絡ください

    さらに、取引されるすべての銘柄のチャートはデフォルトのスプレッドに基づいて描画されますが、取引口座の種類によってマーケットウォッチに表示される価格と異なる場合があります。これはマークアップの違いによるものです。

  • スプレッド

    Prex Markets Limitedは、すべての取引銘柄において競争力のあるスプレッドをクライアントに提供していますが、一部またはすべての取引銘柄にわずかな増加が稀に行われる場合があります。これにより、最良の市場条件と最も狭いスプレッドを提供することを確保しています。

    私たちの最も重要な目標の一つは、ご注文が最良の市場価格で執行され、最も狭いスプレッドをご利用いただけるようにすることです。

    ご注文の執行時には、お客様のトレード口座のタイプに応じて、最良の市場価格に私たちのマークアップが適用されます。透明性のあるマークアップは以下のテーブルに公表されており、各アカウントタイプと通貨ペアごとにマークアップ値をPIP単位で示しています。

    ご注文の執行時には、お客様の口座タイプに応じて最良の市場価格に私たちのマークアップが適用されます。その結果、マークアップがスプレッドに与える影響は以下のテーブルに示されており、最も低い可能なスプレッド(PIP単位)を各口座タイプと通貨ペアごとに考慮に入れて示しています。なお、弊社のスプレッドは可変です。以下のテーブルは、各FX口座タイプと通貨ペアごとの最良のスプレッド(最低)を示しています。
     

    Account Type ECNスタンダード STPスタンダード PREMIER
    SPREADS 0.0pips~ 0.8 pips~ 0.5pips~
  • ヘッジング

    フィクシー(FiXi)では、お客様は取引口座で以前に開いたポジションとは逆の方向にポジションを開き、損失を減らし、いつ市場に参入するかを後で決定することができます。

    対応する先物 OTC 契約による商品のヘッジは禁止されています (スワップフリーのアカウントの場合)。これは、スワップフリーの機能を利用してスワップから利益を得ようとする試みを表しているため、この種のヘッジの一方の方向は直ちに閉じなければなりません。クライアントがそのような慣行を回避するための措置を講じなかった場合、フィクシー(FiXi)は、やむをえず予告なしにこれらのアカウントを閉鎖するか、(さかのぼってスワップを差し引くか、その他の手段により) 他の措置を講じる必要があります。

    必要な証拠金は、特定の瞬間に開かれたネットポジションに応じて各商品について計算されるため、ヘッジされたポジションは、必要な証拠金の値に影響を与えることなく取引口座に保持されます。

  • 注文の種類

    注文の種類

    クライアントから次の注文が可能です:

    • OPEN:新しいポジションを開くための注文
    • CLOSE:既存のポジションをクローズするための注文
    • PARTIAL CLOSE:現在の市場価格で一部のポジションをクローズし、残りのロット(部分)を浮動させるための注文
    • Modify:ストップロス、テイクプロフィット、バイリミット、バイストップ、セルリミット、セルストップの注文を追加、削除、編集するための注文
    • CLOSE BY:ヘッジが許可されている場合
    • 特定の銘柄のヘッジポジションをクローズするための複数クローズ注文
    • マーケット注文:クライアント端末からクライアント自身またはクライアント端末に接続されたプラグイン(エキスパートアドバイザー)によって送信される注文で、市場ウォッチに表示される現在の市場価格でインストルメントを購入または売却するための注文です。
    • 保留注文:市場注文と同様の方法で設定できる注文ですが、トレーダーが予測した価格で将来的に達成される可能性があります。リミット注文、ストップ注文、エントリー注文などが該当します。
    • すべての保留注文は公正な市場価値に基づいて保証されます。
    • すべての保留注文はキャンセルされるまで有効です(GTC)。ただし、クライアントがエントリー注文に有効期限を設定する場合や、金融商品の有効期限が切れる場合を除きます。
    • すべての保留注文は、各銘柄の契約仕様に表示されるルールに従って配置する必要があります。
    • 保留注文が進行中の場合、その期間中にキャンセルや変更を試みてもシステムは拒否されます。
    • 保留注文の条件は、市場が活発な状況では変化する場合があります。
    • 週末や祝日の後の市場の開始時に、重要な経済や政治のニュースが発表される場合や、不可抗力の事態が発生した場合など、注文(売りストップ、買いストップ、ストップロス)は市場で最初に利用可能な価格で実行されます。
    • こうした状況は頻繁には発生しませんが、週末や祝日にペンディング注文を残す際には注意が必要です。
    • 金融ニュースの発表前にストップ注文を入れることは許可されておらず、そのような注文は、その時点での最良の市場価格で拒否、削除、または埋められる場合があります。
  • ロールオーバースワップ

    【FiXiのロールオーバー】
    FiXiでは、競争力のあるスワップレートを提供しています。スワップレートは明確に表示されており、お客様が簡単に確認できます。3日間のロールオーバー戦略を採用し、現行金利に基づいて計算されます。

    【オーバーナイト・ポジション】
    オーバーナイト・ポジションには、ロールオーバーによるスワップ金利が発生します。FX銘柄の場合、保有しているロング/ショートポジションおよび取引している通貨ペア間の金利差の両方がスワップ適用に影響します。株式や株価指数の場合も、保有しているポジションがショートかロングかによってスワップ適用が異なります。ただし、期日がある先物商品にはオーバーナイト費用は発生しません。

    【ロールオーバーの説明】
    ロールオーバーは、未決済ポジションの決済日(取引が決済されるべき日)を延長するプロセスです。外国為替市場では、すべてのスポット取引は2営業日後に決済されます。ただし、証拠金取引では現物引き渡しが発生しないため、未決済ポジションは毎日の終わり(GMT22時)に決済され、翌取引日に再開されます。これにより、決済が1日延長されることになります。このプロセスを「ロールオーバー」と呼びます。ロールオーバーはスワップ協定に基づいて行われ、トレーダーには債権または債務(損益)が生じます。FiXiでは、未決済ポジションを閉じずにロールオーバーを適用し、夜間に保留されたポジションに対しては、現行金利に基づいてお客様の取引口座にスワップ金利を計上します。

    【FiXiのロールオーバー方針】
    FiXiでは、GMT22時以降に建てられたすべてのポジションに対して、競争力のあるレートでスワップ金利を計上します。土曜日と日曜日はロールオーバーが行われませんが、銀行では週末に保有ポジションに対して金利が発生します。これを補うため、FiXiでは以下の表の通り、各対象商品に3日分のロールオーバーを適用します。
     

    対象商品

    適用日

    FXおよびスポット金属商品
    (ゴールドおよびシルバー)

    水曜日

    現物株価指数および現物エネルギー商品

    金曜日

     

    【ロールオーバーの算出方法】       

    1. FXおよびスポット金属(ゴールドとシルバー)の場合

    ロールオーバー金利は翌2営業日の金利で計算されます。具体的な金利は通貨ペアごとの金利差に基づいて決まります。
    一般的な算出式は、以下の通りです。

    取引ロット数 * (+/- 翌2営業日の金利 - FiXi手数料)

    株式や株価指数の場合、ロールオーバーレートは基礎となるインターバンクレートに加えてFiXiの手数料が上乗せまたは差し引かれます。

    2. 株式と株価指数の場合
    株式および株価指数のポジションには、ロールオーバーレートが適用されます。これは、該当する株式や指数の基礎となるインターバンクレートに基づいて決定されます。また、ロングポジションとショートポジションには、FiXi手数料が加算または差し引かれます。

    一般的な算出式は、以下の通りです。

    取引ロット数 * 決済価格 * (+/- 短期インターバンクレート - FiXi手数料)

    この+/-は、該当する銘柄に対してショートポジションまたはロングポジションのどちらを取ったかによって決まります。

    【ロールオーバーの予約】
    GMT22時は取引日の開始時と終了時とされます。GMT22時ちょうどに未決済のポジションがある場合、それはロールオーバーの対象となり、翌日まで保留されます。22時1分に開かれたポジションは翌日までロールオーバーの対象外ですが、21時59分に開かれたポジションはGMT22時の時点でロールオーバーが適用されます。未決済のポジションに関連する債権または債務は、GMT22時の時点から1時間以内にお客様の口座に反映されます。

     

  • レバレッジ*

    「レバレッジ」とは、取引サイズと初期証拠金の比率を指します。1:100の比率は、ポジションを開くために必要な初期証拠金が元の契約価値の1%であることを意味します。

    1標準ロットサイズは、各FX/CFD契約に指定された計量単位です。FX/CFDの種類、口座でアクティブな取引ボリュームの量、および会社の裁量によって、レバレッジ率の選択範囲は1:1から1:400まで変動します。お客様の取引口座開設時の初期設定において、レバレッジ率は1:400に設定されます。お客様は「Myページ => レバレッジ変更」から取引口座のレバレッジを変更することができます。弊社の裁量により、お客様の取引口座のおけるレバレッジ変更申請を拒否する権利を有します。また、弊社は事前通知なしにお客様の取引口座のレバレッジを変更する場合があります。

  • 必要証拠金要件

    マージン要件

    Prex Markets Limitedは自己の裁量によって、証拠金の制定、設定、または更新を行う範囲内で初期証拠金を提供し維持する義務を負います。

    マージンの計算方法を理解することは、お客様の責任です。

    Prex Markets Limitedは、FX/CFDに関する契約仕様セクションの任意のエントリ、特に証拠金要件を変更する権利を有し、これらの変更は新規および既存/オープンポジション/取引に効果を及ぼす場合があります。この変更は、内部のメールメッセージまたは企業のウェブサイト上で公表されることがあります。ただし、不可抗力の事態が発生した場合を除きます。

    不可抗力の事態が発生した場合、Prex Markets Limitedは事前の書面による通知なしに証拠金要件を変更する権利を有します。この状況では、弊社は新規ポジションおよび既にオープンされているポジションに新しい証拠金要件を適用する権利を有します。

    証拠金(必要証拠金)とエクイティ比率がいつでも5%を下回る場合、Prex Markets Limitedはお客様の同意または事前の書面による通知なしで、お客様のオープンポジションのいくつかまたはすべてをクローズする権利を有します。

    弊社は、お客様のためにマージンコールを行う義務を負いません。
    マージンコールはお客様自身で設定いただく必要があります。

    弊社が取引を実施または手配する場合、取引の性質に応じて、お客様が取引が完了しなかった場合やポジションが早期に決済またはクローズアウトされた場合、さらなる支払いを行う義務が発生することに注意してください。

  • スリッページ

    スリッページとは、お客様が注文または事前に設定した注文価格とは異なる価格で取引が執行されることを指します。これは、市場が非常に変動しやすい状況(経済的または政治的なニュースなど)で発生する可能性があります。また、注文は利用可能な最良の市場価格で執行されます。

    Prex Markets Limitedは、通常の市場条件ではスリッページを適用せず、弊社の休業日、週末や銀行休業日、その他国際的な経済イベントや市場の混乱などの状況下でストップペンディングエントリーや清算注文に対して適用されます。この場合、ストップ注文は弊社が適切と判断したオープン価格で執行されます。

    お客様は、スリッページが流動性プロバイダーの利用規約に従って発生する可能性があることを認識し、これがPrex Markets Limitedの管理範囲外であることを承知し、それに関連して発生する可能性のある損害や費用、損失に関して、Prex Markets Limitedを免責し、直接または間接的にそのような利用規約に起因する損害や費用、損失に対してPrex Markets Limitedに対する一切の責任を放棄することに同意するものとします。
     

  • スキャルピング

    スキャルピングは、トレーダー (スキャルパー/Pipハンター) が小さな時間枠で小さな価格の変化に対して多くの取引を行うことで、小さな価格の動きと狭い範囲を利用しようとする取引戦略です。

    Prex Markets Limitedでは、変動スプレッド口座タイプにおいて、スキャルピングが無制限に許可されています。

  • 取引ツールの利用にかかる条件

    cTRADERにおける「cBot」と「コピー取引」機能はデフォルトで有効になっています。「cBot」と「コピー取引」機能のご利用の際には、以下の条件が適用されます。

    • 弊社は、お客様が「cBot」と「コピー取引」機能などの取引ソフトウェアを使用する場合、これらはお客様の取引端末に直接依存するため、完全にお客様の責任の下で取引が執行され、当社は一切の責任を負いません。お客様が追加機能/プラグインを使用し、それが弊社の取引プラットフォームの信頼性、円滑な運営、秩序に影響を与えると弊社が判断した場合、弊社はお客様との契約を終了し、それらの取引をキャンセル/削除する権利を有します。
    • 当社は、自動売買取引、コピー取引、バーチャルプライベートネットワークなど(これに限定されない)を利用して、第三者または第三者のソフトウェアの行為、不作為または過失に関連して、あるいは直接的または間接的にお客様が被ったいかなる損失または費用に対しても一切の責任を負わないものとします。
  • ストップアウト

    すべての取引口座のストップアウトレベルは、「20%」です。

    また、ストップアウトされた取引口座にかかるすべての保留注文は削除され、清算後に生じる可能性のある損失は弊社が処理しカバーいたします。

  • 取引エラーに関する報告

    取引エラーをご報告の際は、[email protected] までメールをお送りいただくか、オンラインチャットにてご連絡ください。

    取引エラーに関するお問い合わせの場合、以下の情報を提供してください。

    • お客様のお名前(アルファベット表記)
    • お客様の口座番号
    • お問い合わせの詳細内容
    • お客様のチケット番号(該当する場合)
    • お客様の直接のご連絡先


    お客様は、取引エラーについて、エラー発生時間から24時間以内にフィクシー(FiXi)に通知しなければなりません。そうでない場合、フィクシー(FiXi)はエラーに関する調査を行いません。

    当社に責任がある取引エラーは、修正されます。

  • システム障害時の対応

    システム障害により、お客様の指示通りに注文が執行されなかった場合、また、定期的なシステムメンテナンス、サーバーの更新、電力やネットワークの障害、その他の理由により緊急に接続ができなくなった場合は、メール([email protected])またオンラインチャットにてお問い合わせください。

  • 投資家アラート

    外国為替証拠金取引は、高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているとは限りません。外国為替証拠金取引を行う前に、投資目的、経験、リスク許容度を慎重に検討する必要があります。投資資金の一部または全部を失う可能性がありますので、損失を許容できない資金を投資するべきではありません。外国為替取引に関連するすべてのリスクを認識し、疑問がある場合は、独立した財務アドバイザーに助言を求める必要があります。

    CFDに投資するリスク
    CFDは、特にレバレッジが高い場合(CFDのレバレッジが高いほど、リスクが高くなります)、非常に高いリスクを伴います。また、CFDは標準化された商品ではありません。CFDプロバイダーによって、条件やコストが異なります。したがって、一般的に、ほとんどの個人投資家には適していません。

    流動性リスク
    流動性リスクは、お客様の取引能力に影響を及ぼします。これは、お客様のCFDまたは資産が、お客様が取引したい時間帯に取引できない(損失を防ぐ、または利益を上げる)リスクです。

    約定リスク
    約定リスクは、取引がすぐに行われない可能性があることに関連しています。例えば、注文を出した瞬間から約定するまでにタイムラグがある場合があります。

    インターネット取引のリスク
    インターネットを利用した取引執行取引システムの利用には、ハードウェア、ソフトウェア、インターネット接続の不具合を含むがこれに限定されないリスクが存在します。Prex Markets Limitedは、信号電力、インターネット経由の受信またはルーティング、お客様の機器の構成または接続の信頼性を制御しないため、インターネット経由で取引する際の通信障害、歪みまたは遅延について責任を負うことはできません。

    同意

    お客様は、以下の事項を読み、理解し、かつ何らの留保なしにこれを承諾することを認め、宣言します。

    • 金融商品(通貨ペア、CFD、その他のデリバティブ商品を含む)の価値が減少し、お客様が受け取る金額が当初の投資額より減少したり、金融商品の価値が大きく変動したりする可能性があります。
    • 金融商品の過去のパフォーマンスに関する情報は、現在および/または将来のパフォーマンスを保証するものではなく、過去のデータの使用は、当該データが参照する金融商品の対応する将来のリターンに関する拘束力のある安全な予測を構成するものではありません。
    • 金融商品の中には、需要の減少等の様々な理由により直ちに流動化しないものがあり、当社はそれらを売却することができない可能性があるほか、当該金融商品の価値や当該金融商品に関連または内在するリスクの程度に関する情報を容易に得ることができない可能性があります。
    • 金融商品がお客様の居住国の通貨と異なる通貨で取引される場合、為替レートの変動は金融商品の価値、価格、性能にマイナスの影響を与える可能性があります。
    • 外国市場における金融商品には、お客様の居住国の市場における通常のリスクとは異なるリスクが伴う場合があります。また、外国市場での取引による利益または損失の見込みは、為替レートの変動に影響されます。
  • 休眠口座 / 閉鎖口座の取り扱い

    Prex Markets Limitedでお客様が保有されている取引口座で、一定期間(6ヶ月以上)の取引実績がなく、または残高/資産がゼロの口座は、不稼動口座に分類され、休眠口座と見做されます。

    このような休眠口座は、関連する維持管理に関連する料金/費用が発生する場合があります。休眠口座として分類されると、弊社は毎月20米ドルの「不稼動手数料」を請求し、該当する口座の残高から請求および引き落としを行います。必要な資金が利用可能になるまで、または残高/資産がゼロになるまで、このような「不稼働手数料」が課金されます。ただし、この「不稼働手数料」によって口座の残高がマイナスになることはありません。

    休眠口座は、不稼働状態が12ヶ月間継続した場合、12ヶ月後の最初の日に当該休眠口座は、閉鎖口座に分類され、即時解約手続きに入ります。

    閉鎖口座はすぐに凍結され、口座保有者はその解約口座を利用した取引を行うことはできません。

    休眠または閉鎖口座による凍結を解除するためには、口座保有者は本人認証手続きを再申請した上で、取引口座に資金を供給し、少なくとも1回以上の取引を行う必要があります。

今すぐFXを始める

口座開設は3ステップで簡単! FIXIOでFX投資を始めましょう! 

1
スプレッドが狭いFX海外口座 - FIXIO (フィクシオ)

ライブ口座開設

口座開設は数分で完了します。口座開設後、FX取引を開始できます!

2
NDD方式(A-book)の海外口座 - FIXIO (フィクシオ)

取引口座に入金

銀行送金や仮想通貨を使用して入金します。

3
cTraderでコピー取引 - FIXIO (フィクシオ)

取引開始

取引プラットフォームをダウンロードして、取引を開始してください。