よく寄せられる質問

よくある質問

ここではお客様からよくお寄せいただく質問とその答えを掲載しています。各カテゴリーごとにまとめておりますので、クリックしてご覧ください。

もしご不明点が解決しない場合は、[email protected]までお問い合わせください。

『FIXIO(フィクシオ)』を運営するPrex Markets Limitedは、『AdvanTrade』を運営するTopical Wealth International Ltd(TWI社)のグループ会社となります。TWIグループは、創業7年を迎え、米国系大手金融機関の香港オフィスにて外為トレーダーとして勤務していた日本人および英国人の経営陣よって設立された国際的なオンラインFX会社です。 

TWI社は、MetaQutes社の『MT4/5』取引プラットフォーム(現在、日本語専用公式サイトの公開準備中)および自社開発プラットフォーム『AdvanTrade』に特化したFX会社であり、フィクシーFXは『cTrader』取引プラットフォームに特化したFXブローカーとなります。 

なお、Prex Groupは、Prex Markets (Bahamas) Limited、Prex Markets LimitedおよびPrexMarkets Financial Markets Co.,Ltdの持株会社です。それぞれ、金融サービス規制機関により規制されています。金融ライセンスに関する詳細は、こちらをご覧ください。

FIXIO(フィクシオ)は、A-Bookモデルに特化したオンラインFX取扱業者であり、ディーリングデスクを持たないため、お客様にプロフェッショナルな取引条件、卓越した執行技術、そして深い流動性へのアクセスを提供しています。

我々の取引商品は多岐にわたり、主要なFXペアから先物、指数、貴金属、エネルギー、株式に至るまで、幅広いCFD商品での取引をお楽しみいただけます。私たちは、お客様に最高の取引体験を提供するために努力しています。

さらに、FIXIO(フィクシオ)は、すべてのお客様に無料の教育資料、コピー取引機能を備えたFX取引ツール、デモ取引口座などを提供しており、ライブ取引口座の開設に先立ち、CFD取引の練習と理解を深めるサポートを行っています。FIXIO(フィクシオ)のカスタマーサポートチームは、週5日、24時間体制でお客様のご質問やご要望にお応えします。

私たちは、以下のとおり、各世界地域にオフィスを構えています。

本社
Balmoral Development # 4, Sanford Drive, Nassau, New Providence, Bahamas

アフリカ地域統括オフィス
Room 7, 1st Floor, Dekk House, Zippora Street, Providence Industrial Estate, Mahe

アジア地域統括オフィス
中国上海(詳細事務所アドレスは非公開)

Prex Markets(Bahamas)Limitedは、バハマ証券委員会の監督・規制の下で業務を展開しています。(証券/FX免許番号:SIA-F255)

Top Welth International Ltdは、セーシェル金融サービス庁(FSA)の監督・規制の下で業務を展開しています。(証券/FX免許番号:ST077

Prex Markets Limitedは、カナダFINTRACの監督・規制の下で業務を展開しています。
MSB免許番号:31000232220410


Prex Financial Markets Co.,Ltdは、米国 FinCENの監督・規制の下で業務を展開しています。
MSB免許番号:31000232220410

利用可能な地域はお客様の居住国に応じて異なる場合がございます。詳細については、登録ページにて利用可能な地域の一覧をご確認ください。
なお、弊社は、日本国内の金融庁による規制対象外であり、また、許認可も取得していないため、金融商品や金融サービスへの勧誘と解釈されうる活動には一切関与しておりません。なお、本ウェブサイトは日本の居住者を対象とした内容ではないことをご理解ください。

現在利用可能な収納代行会社は、プリモペイサービスを提供しているプライムペイ社となります。 プライムペイ社にて手数料率1%プラス同社独自の為替レート(仮想通貨を含む) が適用されております。

取引口座に反映されたボーナスは、注文を作成した際に、自動的に有効証拠金としてカウントされますので、特別な操作は必要ございません。

1) フィクシオMyページにログインしてください。

https://fixiomarkets.com/ja/login

2) 「レポート」タブを開き、「取引記録」を選択してください。


3) 右側にアカウントの選択欄と取引期間の選択欄がありますので、確認したいアカウントと期間を選択してください。

4) すると、取引履歴が表示されます。右上にあるダウンロードマークをクリックして、ファイルを生成してください。次に「確認」を選び、次の画面で生成されたファイルをダウンロードしてください。

よくある質問

ここではお客様からよくお寄せいただく質問とその答えを掲載しています。各カテゴリーごとにまとめておりますので、クリックしてご覧ください。

もしご不明点が解決しない場合は、[email protected]までお問い合わせください。

ライブ取引口座に登録するには、FIXIO(フィクシオ)ホームページの「ライブ口座開設」ボタンをクリックし、サインアッププロセスに必要な手順に従ってください。

口座開設完了後、出金申請前に、必ず本人認証手続きを完了する必要があります。
FIXIO(フィクシオ))Myページにて本人認証書類をアップロードすることができます。

iOSおよびアンドロイド用のFIXIO(フィクシオ)アプリからも口座開設をしていただけます。
口座開設が完了したら、口座に資金を入金し、当社のいずれかのプラットフォームで取引を開始することができます。

ご利用いただける法域はお住まいの国によって異なりますのでご注意ください。

FIXIO(フィクシオ)は、アメリカ合衆国やイラン・イスラム共和国などの特定の国の居住者には差金決済取引(CFD)を提供していません。

通常のサインアップ手順により、会社名で取引口座を開設できます。

公認代表者となる方の個人情報を入力し、FIXIO(フィクシオ) Myページにログインして、法人登記簿謄本や定款などの正式な会社書類をアップロードしてください。

すべての必要書類を受領後、当社のバックオフィス部門がそれらを確認し、法人専用取引口座の開設をサポートいたします。

FIXIO(フィクシオ)は宗教上の理由に起因して、スワップなしの口座を提供しています。ただし、特定の商品の取引が特定の日数開かれると、手数料が適用される場合があります。

スワップフリー口座のお申し込みは、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

共同口座を開設するには、まず各自が個別にFIXIO(フィクシオ)口座を開設し、その後、共同口座申請フォームに必要事項を記入する必要があります。

共同口座申請フォームは、カスタマーサポート部門までご連絡ください。
共同口座はご夫婦または一親等のご親族にのみご利用いただけますのでご注意ください。

はい、FIXIO(フィクシオ)では最大5つの異なる取引口座を使用できます。FiXi(フィクシーFX) Myページを経由して追加の取引口座を開設できます。

FIXIO(フィクシオ)では、「USD」にて取引口座を開設できます。

VIPプレミアム口座は、$20,000以上の入金と大量取引を積極的に行うお客様に特別に提供されるものです。

この口座タイプのお客様は、低コストで取引することが可能となります。これによって、VIP口座を保有するだけで取引コストの削減が図られ、利益の最大化を実現できます。

VIPプレミアム口座の具体的な特典と詳細については、「取引口座タイプ」のページでご確認いただけます。

はい、デモ口座は、初心者が取引の手法を学びつつ、経験豊富なトレーダーが無リスクの環境下で新たな戦略を実験・検証するための重要なツールです。

デモ口座は、FIXIO(フィクシオ)のMyページから開設可能で、実際の市場の動向と価格をシミュレートします。ただし、ボラティリティが高い時期や流動性が低い時期(市場開始時、重要ニュースの発表など)においては、ライブ口座と完全に一致する動作をするとは限りません。そのため、デモ口座がすべての市場状況を常に完璧に反映するわけではない点をご理解いただくようお願いします。

お客様は、ご希望の数だけデモ口座を開設することが可能で、FIXIO(フィクシオ)のMyページを通じて仮想資金を追加することができます。

ただし、デモ口座は開設から180日後に無効になりますので、その点にはご注意ください。

デモ口座は現実の市場動向と価格を模倣しますが、あくまでシミュレーションであるため、ボラティリティの高い期間や流動性の低い期間(市場開始時、重要ニュース発表時など)にライブ口座と同じ挙動をするとは限りません。したがって、デモ口座が常にすべての市場状況を合理的に反映するわけではないことをご了承いただく必要があります。

加えて、証拠金やレバレッジの設定がデモ口座とライブ口座で異なる場合があるため、デモ口座での成功がライブ取引で必ずしも再現されるわけではありません。このため、デモ口座は初心者の学習ツールや新しい取引戦略のテスト用途に限定して使用することを推奨いたします。

フィクシオ公式ホームページの「ライブ口座開設」ボタンをクリックし、口座開設手続きへ進むことができます。氏名、居住国、電子メール、国籍、生年月日、携帯電話番号などを口座開設フォームに入力し、パスワードを設定します。

次に、お客様の居住地の住所が必要です。 お客様の利益を最優先するため、ご職業と学歴のご記入をお願いしております。 ここで、デフォルトの取引口座設定を行います。

その後、いつでも他の設定でリアル口座やデモ口座を追加開設することができます。 その後すぐに、Myページの「本人認証」ボタンをクリックして、必要書類の画像をアップロードすることにより本人認証手続きを完了してください。

FIXIO(フィクシオ)チームから基本的な取引口座情報を記載したメールが送信されます。大切に保管してください。FIXIO(フィクシオ) でのお取引を開始するために必要な本人認証手続きを完了したら、お取引口座へ入金してください。

様々な口座タイプをご用意しております。

  • STPスタンダード
    フィクシーの提携金融機関から提示される金額に基づいて、標準スプレッドを提供する取引口座です。初心者や中長期トレードをされたいお客様に最適です。
     
  • ECNスタンダード
    直接インターバンク市場を通じてお取引できる口座です。高額取引やスキャルピングトレードをされたいお客様に最適です。
     
  • STPプレミア
    フィクシーの提携金融機関から提示される金額に基づいて、最も狭いスプレッドを提供するVIP専用口座です。上級者や中長期トレードをされたいお客様に最適です。
     
  • ECNプレミア
    直接インターバンク市場を通じてお得な取引手数料でお取引できるVIP専用口座です。高額取引やスキャルピングトレードをされたいお客様に最適です。

コピー取引オプションにつきましては、添付の画像と以下のコメントをご参照ください。

 

【PC版をご利用の場合】

1)まず、Ctraderへログインしてください。

2)左側のオプションリストの①の部分に「Copy」という項目をクリックしてください。

3)コピー先リストが表示されますので、その中からお好きなストラテジー(コピー先)を選択して、「コピー開始」をクリックしてください。

 

【モバイル版の場合】

1)まず、Ctraderアプリへログインしてください。

2)下のメニューバーにAの部分にある「コピー」という項目をタップしてください。

3)コピー先リストが表示されますので、その中からお好きなストラテジー(コピー先)をタップして、投資金額を入力の上、「コピー開始」をタップしてください。

4)Bの部分には、「コピー先一覧」、「コピー実行中のコピー先一覧」および「お気に入り」ボタンがございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CtraderアプリにMyページで開設した取引口座番号と異なる取引口座番号が表示されている場合、以下の方法で解決できます。

 

1)現在、お客様は登録されていない別のメールアドレスでCTRADERアプリにログインされていますので、ログアウトしてください。 

2)その後、FixiFXに登録されているメールアドレスでCTRADERアプリにログインをし直してください。

 

上記の方法により、問題が解決されない場合は、改めてカスタマーサポートまでお問い合わせください。

以下のリンクをクリックして、新規口座開設を開始してください。

https://clientportal.fixifx.com/register/trader

①~⑤に必要事項をご入力いただき、⑥をクリックしていただくだけで、新規口座開設を完了できます。

*なお、紹介者IDには、ご紹介者様がいる場合のみ、ご紹介者様の顧客IDをご入力ください。

Myページにログインしてください。

ログインURLは以下の通りです。
https://clientportal.fixifx.com/login

 

1)「取引口座」を選択 

2)「ライブ口座」を選択

3)「新規取引口座」を開設をクリック

 

1)「ライブ口座」を選択

2)「Live」を選択

3)「CFD(Hedging)」を選択

4)ご希望の「通貨」を選択

5)「備考」欄には、任意の内容を入力してください。

6)その後、「保存」ボタンをクリックしますと、口座開設が完了いたします。

サブ口座への資金移動の方法は以下のとおりです。

ウォレットからサブ口座(コピー取引口座)へ資金を移動する場合、

1)まずは「サブ口座」を持つ「メイン口座」へ資金を移動してください。

2)その後、「サブ口座」でコピー取引を開始する、または「サブ口座」にコピー取引のための資金を追加すると、自動的に「メイン口座」から「サブ口座」への資金移動が完了します。

顧客IDの確認方法を以下の手順で行ってください。
 

まず、以下のリンクにアクセスしてログインしてください。

https://fixiomarkets.com/ja/login

FIXIOのダッシュボードにログイン後:

  1. メニューバーの下に表示されている「お名前の箇所」をクリック
     
  2. サブメニューが表示されますので、②に表示されている「User ID」がお客様の顧客IDとなります。

Q: MT4やMT5のアカウントをデフォルトで開設していますか?

A: 当社ではデフォルト設定でMT4およびMT5のアカウントを開設しておりません。私たちは、独自の取引アプリの使用を推奨しています。クライアント様がMT4やMT5をご利用になりたい場合は、バックエンドシステムを通じて手動でアカウントを作成し、ログイン情報をお客様に提供いたします。

Q: MT5の使用を停止する予定はありますか?

A: 高コストのため、今後1~2ヶ月以内にMT5の使用を停止する計画があります。

CTRADERのログイン方法につきまして、取引口座を開設した際に、パスワード設定用のメールがcTRADER開発会社より送信されておりますが、一度メールボックスをご確認いただけますでしょうか。

パスワード設定をした後に、登録メールアドレスと新規設定したctrader専用パスワードにてログインいただけます。

念のため、ウェブ版のURLをご提供いたします。

www.app.fixifx.com

ご不明な点がございましたら、お気軽にカスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

コピー取引について、サブ口座で取引を開始した場合、コピー元(戦略プロバイダー)の取引注文に従って、お客様の取引注文が実行されます。 そのため、コピー元が取引注文のエントリーポイントを変更すると、お客様のエントリーポイントも同時に変更されます。また、コピー元が追加注文でポジションを増やした場合、お客様のポジションも同様に増加します。 なお、コピー取引は、お客様の都合に合わせていつでも停止が可能です。コピー取引の継続または停止は、お客様自身の責任で判断していただけます。

戦略提供者を始めるための手順は以下の通りです。

 

ステップ 1: cTrader アプリまたはウェブ版にアクセスし、画面左側の「copy」を選択してください(図1参照)。

 

image

ステップ 2: シグナル配信を設定したいアカウント横の三点を選択してください(図2参照)。

 

image

ステップ 3: 「戦略提供者になる」を選択してください(図3参照)。

 

image

 

ステップ 4: ポップアップに表示された欄に、戦略名と戦略の詳細を入力してください。

 

これらのステップに従っていただければ、シグナルの配信を開始できます。

 

また、「ストラテジープロバイダー」に関する詳細は、ユーザーガイドをご参照ください。該当する内容は52ページ目からとなります。

 

【ユーザーマニュアル】
https://fixifx.com/storage/Section/82qp2fJCEDFElEYhwfuPd2fmP36qghYUKRy9WyFn.pdf

 

ご不明点や質問がありましたら、お気軽にカスタマーサポートまでご連絡ください。

取引注文IDを検索する場合は、以下の手順に従ってください。

1. 「レポート」をクリックします。
2. 「取引記録」をクリックします。
3. 「注文ID」が表示されます。

注意:
A) 「Live」口座または「Demo」口座を選択してください。
B) 検索する期間を設定できます。

 

FIXIO(フィクシオ) Myページ は取引口座管理ページです。 Web サイトの右上にある [サインイン] オプションをクリックします。 登録したメールアドレスとパスワードでログインできます。 FIXIO(フィクシオ) Myページ を使用すると、新規取引口座の作成、プロフィール編集、本人認証申請、入金手続き、出金申請、取引口座間の資金移動および取引プラットフォームのダウンロードなどが可能です。 FIXIO(フィクシオ) Myページの「マーケットニュース」タブでは、経済カレンダーやマーケットニュースなど、当社が提供するさまざまなサービスにアクセスできます。 これらのツールには、デモ口座で練習中のお客様も含め、すべてのお客様がアクセスできます。

FIXIO(フィクシオ) Myページ パスワードをリセットするには、サインイン ボックスの下部にある [パスワードを復元] をクリックします。 登録したメールアドレスを入力してリクエストを送信してください。 すぐに、指定した電子メール アドレスにリンクが届きます。このリンクをクリックすると、アカウントの新しいパスワードを入力できるページが表示されます。

フィクシオでは、現在「cTrader」のみを提供しております。MT4やMT5をご利用になりたい場合は、弊社のマルチブランド「AdvanTrade」にてアカウントを作成いただく必要がございます。AdvanTradeの公式サイト(https://www.advantrade.net/)より、アカウント開設の手続きを進めていただけます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

質問: 取引中の口座から別の口座へ資金を移動させたい場合の方法は何ですか?

 

回答: 取引中の注文に影響を与えないために、資金移動を行う前にすべての取引注文を決済してください。その後、資金移動のリクエストを申請していただくことが可能です。

ただいまFiXiFXではMT5の環境を準備中であり、現在はMT5口座の開設はご提供できておりません。また、口座開設ボーナスについても、現在は利用可能なcトレーダー口座にのみ適用させて頂いております。 ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

よくある質問

ここではお客様からよくお寄せいただく質問とその答えを掲載しています。各カテゴリーごとにまとめておりますので、クリックしてご覧ください。

もしご不明点が解決しない場合は、[email protected]までお問い合わせください。

FIXIO(フィクシオ)では、お客様の個人情報を絶対的な秘密として厳重に保管するための重要な予防措置を施しております。お客様のパスワードは暗号化技術によって保護され、個人情報は安全性の高いサーバー上に厳重に保存されています。当社においては、限られた認可を受けたスタッフのみがこれらの情報へのアクセスが可能であり、その他の者がアクセスすることは一切ありません。

本人認証に必要な書類は以下の通りです。 ご本人確認のための書類:

有効な国際パスポート

国民IDカード(マイナンバーカードなど)

運転免許証(両面) 住所確認のための書類:

過去3ヶ月以内に発行された、お客様の氏名と住所が記載された住所証明書類(公共料金の請求書、銀行取引明細書、クレジットカード請求書、住民票など) ご提出いただく必要書類の詳細や現在の申請状況につきましては、FIXIO(フィクシオ) Myページにていつでもご確認いただけます。

電子メールとパスワードを使用して FIXIO(フィクシオ) Myページ にサインインします。

パスポート、IDカード、または運転免許証の写真を撮る準備をします。

(過去3ヶ月以内に発行された銀行残高証明書や公共料金請求書などの居住証明書も必要な場合があります)。

「本人認証書類アップロード」ボタンをクリックし、提出したい書類名を選択します。

通常、バックオフィス部門による本人認証審査は迅速に実施され、FIXIO(フィクシオFX) Myページ の「申請状況」から審査状況を確認できます。

その他の詳細は、本人認証手続きに関するユーザーガイドをご用意しておりますので、 こちらよりご覧ください。

なお、本人認証書類の提出方法については、Myページ経由で書類をアップロードする必要があり、メールで送信された本人認証書類は、担当部門にて受け付けておらず自動的に破棄されますので、予めご了承ください。

 

フィクシオFXのMyページにログインしてください。

「個人情報」 => 「本人認証情報」を選択

② 個人のお客様の場合は、『本人認証(個人口座)』を選択してください。

③ 最後に、「次へ」をクリック

undefined

 

 

「基本情報」の各項目を正しく入力してください。

入力が完了したら、「次へ」をクリック

undefined

 

 

「本人確認書類(選択)」項目の書類一覧リストから、ご提出される本人確認書類 を選択してください

「アップロード 本人確認書類」項目をクリックしてください。クリックすると画像アップロードの画面が開きます。

③必ず、注意事項をお読みいただき、書類条件に適した書類をご提出ください。

「次へ」をクリックして、次の手続きへ進んでください。

undefined

 

 

「住所確認書類(選択)」項目の書類一覧リストから、ご提出される本人確認書類 を選択してください。

「アップロード 住所確認書類」項目をクリックしてください。クリックすると画像アップロードの画面が開きます。

③必ず、注意事項をお読みいただき、書類条件に適した書類をご提出ください。

「次へ」をクリックして、次の手続きへ進んでください。 

undefined

 

 

「アップロード セルフィ写真(自撮り写真)」項目をクリックしてください。クリックすると画像アップロードの画面が開きます。

③必ず、注意事項をお読みいただき、セルフィ写真(自撮り写真)の条件に適した画像をご提出ください。

「次へ」をクリックして、次の手続きへ進んでください。 

undefined

 

 

最後に必ず、①右下の「送信」ボタンをクリックしてください。

これで、本人認証手続きの申請が完了します。お客様から申請を受理してから、2~3営業日で本人認証の審査が完了します。審査結果は、お客様のメールアドレスに送信されます。

undefined

 

「被写体がピンぼけする・ブレる」という問題について、一部のAndroid端末において本人確認書類の撮影時にピントが合わない、ブレるなどの事象が確認されています。以下に具体的な対処方法を示します。

  1. カメラのレンズに汚れが付いていないことを確認してください。
  2. シャッターを押す前に、画面内の被写体をタップしてピントを合わせてください。
  3. 薄暗い場所や光の反射が多い場所を避けて撮影してください。
  4. 被写体の背景にピントが合うことを避けるため、机などに置いて撮影してください。
  5. 被写体とカメラの距離を変えて、ピントが合う距離で撮影してください。
  6. スマートフォンの「オートフォーカス機能」を調整してください。
  7. スマートフォンの「フラッシュ設定」をオフにしてください。

次に、運転免許証/運転経歴証明書、マイナンバーカード、パスポート、在留カードに関する問題点を述べます。

【運転免許証/運転経歴証明書の問題点】

  • 氏名、生年月日、住所、運転免許証番号、有効期限が読み取れない。
  • 顔写真がはっきりと確認できない。
  • 公安委員会の印章が確認できない。
  • 裏面に変更箇所があるが、公安委員会の印章が確認できない。

【マイナンバーカードの問題点】

  • 表面に記載された氏名、住所、性別、生年月日、交付元、有効期限が読み取れない。
  • 住所変更をしているが、変更している自治体の押印がない。
  • カードケースに入った状態で撮影している。
  • マイナンバーカードをお持ちの方は「タッチで本人確認」の利用が可能であり、詳細はヘルプページをご確認ください。

【パスポートの問題点】

  • 日本国政府発行のパスポートではない。
  • 2020年2月4日以降に申請されたパスポートで所持人記入欄がない。
  • 氏名、生年月日、有効期限が読み取れない。
  • パスポートの「厚み」が確認できない。
  • 手書きで住所が2か所以上書かれており、現住所が確認できない。
  • 光の反射で顔写真がはっきりと確認できない。

【在留カードの問題点】

  • 表面に記載された在留資格、在留期間、許可年月日、発行者印が読み取れない。
  • 住所変更をしているが、届出年月日および記載者印が無い。
  • 氏名がアルファベットの場合、大文字・小文字の表記が一致しない。

【お顔の撮影に関する問題点】

  • 画像が暗く、お顔を確認できない。
  • 画像がブレているため、はっきりお顔が確認できない。
  • マスクやサングラスを着用して撮影している。なお、眼鏡を着用している場合、レンズの色味や光の当たり方によっては「サングラスを着用している」と判断される可能性があります。
  • マスクを下に寄せて、あごにかけている状態で撮影している。
  • 口元に何かを含んでいる(例:タバコ、歯ブラシなど)。
  • 本人以外のお顔が写っている。第三者のお顔が写り込んでいる場合、本人のお顔を判断できないことがあります。

お問合せいただき、ありがとうございます。

只今、クレジットカード決済は準備中でございます。準備が完了次第、お知らせしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にカスタマーサポートまでお問い合わせください。

① アプリにアクセスし、「Me」セクションをタップしてください。

② 画面を下にスクロールし、「My Account」ボタンを選択してください。

 

③ Verificationボタンを選びください

 

④ 必要な書類や情報をご提出ください。


 

よくある質問

ここではお客様からよくお寄せいただく質問とその答えを掲載しています。各カテゴリーごとにまとめておりますので、クリックしてご覧ください。

もしご不明点が解決しない場合は、[email protected]までお問い合わせください。

CFD(Contract for Difference)は、株式、通貨ペア、商品、指数などの金融市場で取引されるデリバティブ商品の一種です。CFDでは、実際の資産を保有することなく、その資産の価格変動に基づいて利益を得ることができます。

CFD取引では、トレーダーは資産の値上がりまたは値下がりの方向に応じてポジションを取ります。資産の価格変動に応じてトレーダーとブローカーの間で差額を決済するため、「Contract for Difference(差金決済契約)」と呼ばれています。

例えば、株式CFDの場合、トレーダーは株式の価格上昇を予測した場合に買いポジションを取ることができます。株価が上昇すると、トレーダーはその差額分を利益として受け取ることができます。逆に、株価が下落した場合には、トレーダーは差額分を損失として被ることになります。

同様に、通貨ペアCFDの場合、トレーダーはある通貨対の価格変動に基づいてポジションを取ります。例えば、ユーロ/米ドルのCFDでトレーダーがユーロの価格上昇を予測し、買いポジションを取った場合、ユーロの価格が上昇すると利益を得ることができます。

CFD取引のメリットの一つは、レバレッジ(証拠金取引)を利用できる点です。トレーダーは、実際に必要な金額よりも少ない証拠金を預けることで大きな取引を行うことができます。これにより、少ない投資額で大きな利益を狙うことができる一方、損失も拡大する可能性があることに注意が必要です。

CFD取引はリスクが伴うため、適切なリスク管理が重要です。価格変動に対するトレーダーの予測が誤った場合、損失を被る可能性があることを理解し、自己資金を適切に管理することが重要です。また、CFD取引は金融市場の規制に従う必要がありますので、地域や国によっては制約がある場合があります。

外国為替(FX)取引では、通貨ペアが使用されます。通貨ペアは、2つの異なる通貨の組み合わせを表し、1つの通貨をもう1つの通貨で評価することを意味します。一般的には、主要な通貨ペアとして知られる特定の通貨の組み合わせがよく取引されます。

例として、最も一般的な通貨ペアであるEUR/USD(ユーロ/米ドル)を考えてみましょう。この通貨ペアでは、ユーロがベース通貨であり、米ドルが相手通貨です。つまり、1ユーロが何米ドルに相当するかを示します。たとえば、EUR/USDが1.20であれば、1ユーロは1.20米ドルに相当します。

また、他の主要な通貨ペアとしては、GBP/USD(英ポンド/米ドル)、USD/JPY(米ドル/日本円)、USD/CH(米ドル/スイスフラン)などがあります。これらの通貨ペアは、世界中の取引所や銀行などで広く取引されています。

通貨ペアの見方について、例を挙げて説明します。

例1:GBP/USD = 1.40 この場合、1ポンド(GBP)は1.40米ドル(USD)に相当します。つまり、1ポンドを持っている場合、その価値は1.40米ドルとなります。

例2:USD/JPY = 110.50 この場合、1米ドル(USD)は110.50円(JPY)に相当します。つまり、1米ドルを持っている場合、その価値は110.50円となります。

通貨ペアの価格は、外国為替市場での需要と供給のバランスによって決まります。為替レートは頻繁に変動するため、トレーダーや投資家は為替相場の変動を予測し、利益を狙って取引を行います。

通貨ペアの見方を理解することで、異なる通貨間の交換レートを把握し、為替市場でのトレードや投資判断を行うことができます。

スリッページは取引の一部であり、外国為替市場では一般的です。スリッページは、ボラティリティが高い時や流動性が低い時、主要なニュース発表時や重要な経済データの発表時に発生します。

FIXIO(フィクシオ))は、市場のボラティリティからトレーダーを保護するために必要なあらゆる手段を講じており、当社の顧客は、ネガティブ・スリッページのリスクを軽減し、利用可能な最良の価格での約定を保証する高度な取引管理システムから利益を得ています。

お客様が利用可能なレバレッジは、お客様が取引する商品によって異なる場合があります。 各商品のレバレッジは以下の通りです。

詳細は、公式サイトの金融商品ページをご覧ください。

FX:400倍

株価指数CFD:100倍

貴金属CFD:100倍

エネルギーCFD:100倍

コモディティCFD:100倍

仮想通貨CFD:2倍

株式&債券CFD:2倍

FIXIO(フィクシオ)では、9つの主要FXペアの固定スプレッドを提供する「MT4 Fixed」口座を提供しています: EURGBP、EURJPY、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、USDCAD、USDJPY、EURCHF、USDCHFおよびマイナーペアAUDUSD。

固定スプレッドは、変動スプレッドのように1日中変動することはありません。固定スプレッドには、日中レート、夜間レート、夜間レートがあり、極端に変動する市場状況時に適用される異常レートがあります。

固定スプレッド口座では、買値と売値のピップ差を事前に知ることができるため、取引コストをより効果的に管理することができます。

変動スプレッドは、市場のボラティリティや利用可能な流動性により、一日を通して変動します。これは、当社が流動性プロバイダーから確保できる最良の買値と売値を表しています。

変動スプレッドの最大の利点は、お客様が取引している時点の最良の現在市場価格を受け取れることであり、これは固定スプレッド口座で取引する場合よりも低くなることがよくあります。一方、変動スプレッドは、影響力の大きいニュースの発表前後や市場のボラティリティが高いときに大幅に拡大することもあります。

FIXIO(フィクシオ) cTraderプラットフォームは市場執行を使用するため、再クオートはありません。

参考として、FXの再クオート(Requote)は、取引を実行しようとした際に、提示された取引価格が変動してしまったため、新しい価格で再度引用されることを意味します。再クオートは、市場の変動や流動性の低下などが原因となります。

具体的な例を挙げると、以下のようなケースが考えられます。

トレーダーがある通貨ペアで売り注文を行おうとした場合、取引プラットフォームは提示価格を表示します。しかし、市場の流動性が低い状況や急激な価格変動が発生した場合、トレーダーが注文を実行するまでのわずかな時間で、提示された価格が変動する可能性があります。

例えば、トレーダーがEUR/USDの売り注文を行おうとしたとき、提示された売り価格が1.2000だったとします。しかし、トレーダーが注文をクリックする前に、市場で価格が急激に下落し、新しい価格が1.1995に変わってしまうかもしれません。この場合、取引プラットフォームは再クオートを行い、新しい価格1.1995で注文を実行するようトレーダーに通知します。

再クオートは、トレーダーが提示された価格で注文を実行することが困難になる場合に発生します。市場の変動や流動性の低下によって価格が変わるため、トレーダーは再クオートを受け入れるか、新しい価格で注文を実行するかを選択する必要があります。

重要な点は、再クオートは市場の変動や流動性の低下などの外部要因によって引き起こされるものであり、ブローカーの意図的な操作ではありません。ただし、一部のブローカーは再クオートの頻度や遅延が過剰である場合にトレーダーにとって不利な状況を引き起こすことがありますので、信頼性の高いブローカーを選ぶことが重要です。

証拠金レベル(%)は取引プラットフォームに表示され、以下の計算式に従って算出されます。

エクイティ÷マージン×100。

FIXIO(フィクシオ))は、お客様が投資額を上回る損失を被らないようにするため、マイナス残高保護(FIXIO(フィクシオ)注文執行ポリシーに従います)を提供しています。

ストップアウトレベルは、全ての口座タイプで20%となっております。

cTrader口座では、Spotwareの「スマートストップアウト」ロジックを使用しております。

逆指値注文(Stop-Loss Order)と指値注文(Limit Order)は、株式や外国為替(FX)などの取引において使用される注文の種類です。それぞれ異なる目的と機能を持っています。

逆指値注文(Stop Loss Order)は、投資家が損失を最小限に抑えるために使用する注文です。この注文は、特定の価格に達した場合に自動的に売買注文が発動するように設定されます。逆指値注文は、投資家が保有しているポジションの損失を制限するための手段として利用されます。

具体的な例を挙げると、仮に株式を購入した場合、その株価が予想外の下落を始める可能性があるため、逆指値注文を設定することができます。例えば、株価が購入価格から10%下落した場合に自動的に売却するように逆指値注文を設定することができます。これにより、投資家は大幅な損失を被るリスクを軽減することができます。

指値注文(Limit Order)は、投資家が利益を確定するために使用する注文です。この注文は、特定の価格に達した場合に自動的に売買注文が発動するように設定されます。指値注文は、投資家が特定の価格で取引を行いたいときに使用されます。

具体的な例を挙げると、外国為替(FX)取引において、投資家が通貨ペアを購入した場合、ある利益目標を持っているかもしれません。例えば、通貨ペアの価格が購入価格から10%上昇した場合に自動的に売却するように指値注文を設定することができます。これにより、投資家は利益を確定することができます。

逆指値注文と指値注文の違いは、注文が発動される条件とその目的です。逆指値注文は損失を制限するために使用され、指値注文は利益を確定するために使用されます。どちらの注文も、投資家が自動的に売買を行い、リスクや利益を管理するための有用なツールです。

cBotが自動で取引を執行するためには、お客様のcBotがcTraderターミナルを開いた状態で稼動している必要があります。ターミナルを閉じると、cBotは取引を停止します。

FIXIO(フィクシオ) VPS (仮想専用サーバー) にご加入いただくと、cTrader ターミナルが開いているか、コンピュータが稼動しているかにかかわらず、cBot が 24 時間取引できるようになります。

FX商品のスワップは、通貨ペアの金利差に基づいて計算されます。一般的に、スワップは通貨を保有したまま翌日に持ち越す場合に発生します。具体的な例を挙げて、スワップの計算方法を説明します。

例として、EUR/USDの通貨ペアを考えます。仮にユーロの金利が1.00%であり、米ドルの金利が0.50%であるとします。

ロングポジション(買いポジション)を持つ場合: トレーダーがEUR/USDで1ロット(100,000通貨単位)のロングポジションを保有し、次の取引日まで持ち越すとします。ユーロの金利が米ドルの金利よりも高いため、トレーダーはスワップポイントを受け取ることになります。 スワップポイント = ロット数 × スワップポイント単位 × スワップポイントレート

ここで、スワップポイント単位は通常であり、スワップポイントレートは金利差を反映した値です。

例えば、1ロットのEUR/USDのスワップポイントレートが0.0025とすると、以下のように計算されます。

スワップポイント = 1 × 100,000 × 0.0025 = 250 USD

トレーダーは次の取引日までに250ドルのスワップポイントを受け取ることになります。

ショートポジション(売りポジション)を持つ場合: 逆に、ユーロの金利が米ドルの金利よりも低い場合、トレーダーはスワップポイントを支払うことになります。同様に、スワップポイントはスワップポイントレートに基づいて計算されます。 スワップポイント = ロット数 × スワップポイント単位 × スワップポイントレート

例えば、1ロットのEUR/USDのスワップポイントレートが-0.0015とすると、以下のように計算されます:

スワップポイント = 1 × 100,000 × -0.0015 = -150 USD

トレーダーは次の取引日までに150ドルのスワップポイントを支払うことになります。

スワップポイントはブローカーや取引所によって異なる場合があります。また、週末や祝日には3日分のスワップポイントが計算されることが一般的です。

トレーダーはスワップポイントを考慮してポジションを保有する期間や戦略を選択する必要があります。また、税金や手数料の影響も考慮する必要があります。

「レバレッジ」とは直訳すると「てこ」で、小さな力で大きなものを動かすことができるという意味です。

その意味で、FXにおける「レバレッジ」とは、元手資金以上の金額で取引ができる仕組みを指します。

レバレッジを使う最大のメリットは、少ない資金で大きな取引ができ、資金を効率的に運用できることです。 その反面、大きな損失を被るリスクもあります。

FXの「レバレッジ」とは、FX会社に預けた資金(証拠金)を担保に、預けた資金以上の金額で取引ができる仕組みのことです。

例えば、外貨預金では、資金が10万円の場合、10万円しか投資できません。 しかし、FXでレバレッジを利用すれば、資金が10万円あれば、以下のように10万円以上の取引が可能になります。

10万円で取引できる金額の例(証拠金)

レバレッジ25倍の場合 10万円×25倍=250万円

レバレッジ100倍の場合 10万円×100倍=1,000万円

レバレッジ400倍の場合 10万円×400倍=4,000万円

たとえば、レバレッジ 1:20 があると言うのは、取引総額のわずか 5% の証拠金が必要であると言うのと同じです。

レバレッジを過度に使用すると、損益が拡大する可能性があるため、当然ながら非常に危険です。これにより、大きな損失が発生し、ストップアウト、つまりポジションの自動決済につながる可能性があります。

これは、潜在的な損失を維持し、ポジションが清算されないように必要な「維持証拠金」を下回らないようにするために利用できる担保が、より高いレバレッジを使用すると、ポジションの % としてはるかに少なくなるからです。

また、レバレッジが高くなると、投資資本に対するスプレッドとスワップ手数料の影響が%として増加することにも注意してください。

たとえば、金融商品のスプレッド (%) が 0.1% で、20 倍のレバレッジで取引を開始した場合、預け入れた証拠金のスプレッドコスト (%) は 2% になります。

例:レバレッジ 1:5 では、EURUSD (100,000) の 1 ロットを開くには 20,000 ユーロを入金する必要がありますが、レバレッジ 1:30 では、わずか 3,333 ユーロで同じ取引を開くことができます。

証拠金計算ツールを参照してください。 ここでは、さまざまなレバレッジとさまざまなロットサイズで取引を開始するために必要なマージンの量をテストできます。

VWAPは「出来高加重平均価格」の略で、市場執行注文に適用されます。

リクエストされた数量がすべて同じ価格で利用できない場合、注文は自動的に利用可能な最良の価格で最大数量を実行し、次に残りの数量を次の最良の価格で実行する、というようになります。 次に、これらすべての価格の平均が取られ、これが注文が実行される価格 (VWAP) になります。

すべてのストップ注文は、トリガーされると「市場執行」の対象となります。これは、FiXi(フィクシーFX) が利用可能なすべての流動性を可能な限り最良の価格で自動的に集計し、最初に利用可能な VWAP でストップ注文を約定することを意味します。 VWAP 価格は、要求された価格と同じ、上、または下の場合があります。

当社の注文執行ポリシーの関連セクションを参照してください。

市場執行注文、市場注文とは、利用可能な流動性を条件として、現在の市場価格で売買することを目的としています。 顧客の成行注文を満たすのに十分な流動性がトップにない場合、システムはサードパーティの流動性/価格プロバイダーから受け取った数量を自動的に集計し、「出来高」で成行注文を執行します。 加重平均価格(「VWAP」)。約定時に利用可能な流動性が条件となります。

例:EURUSDの市場厚み 上の画像は、EURUSDの市場情報のスナップショットを示しています。

右側にはASK価格(購入時の価格)が表示されます。

左側にはBID価格(販売価格)が表示されます。

各階層には、各価格階層で利用可能なボリュームが表示されます。 たとえば、2.50 ロット以下の取引では、帳簿価格の最高値 (価格の最初の行) が受け取ります。 そして、これを超える取引サイズの場合、全体の価格は、それぞれの価格帯と利用可能な量に応じて計算されます。

たとえば、8 ロット (800,000 ユーロ単位) を販売したいとします。 注文は次のように実行されます。

250,000 * 1.16520 = 291,300

500,000 * 1.16519 = 582,595

50,000 * 1.16518 = 58,259

次に、すべてのティアを合計 = 932,154 し、単位単位の取引サイズで割ります。

932,154 / 800,000 = 1.16519 (小数点以下第 5 位を四捨五入)"

「成行注文」は、FiXi(フィクシーFX) cTraderプラットフォームに適用され、現在の市場価格がどのようなものであっても、現在の市場価格で市場に注文を出すことを指示します。 成行注文は VWAP (出来高加重平均価格) で約定されます。つまり、注文を実行したときに表示された価格を上回る、下回る、または上回る価格を受け取る可能性があります。

マーケット執行は、当社のすべてのプラットフォームにわたるすべての「ストップ」注文にも適用されます。 (ストップロス、ストップアウト、保留中のストップオーダー)。

LP が異なれば価格と利用可能な流動性も異なるため、利用可能な量は段階的になり、大量の注文は「最高価格」ではない価格で実行される可能性があります。 本の上部は、最高の買値/売値がプラットフォームでストリーミングされることを意味します。 ただし、マーケットデプスはこれよりもはるかに複雑であり、マーケット執行がこれを説明します。 詳細については、「VWAP とは何ですか?」という質問を参照してください。

ストップロス注文(Stop-Loss Order)は、トレーダーが損失を最小限に抑えるために使用する注文の一種です。ストップロス注文は、指定した価格に達した場合に自動的に売買注文が発生し、ポジションを決済する仕組みです。

具体的には、以下のような状況でストップロス注文が使用されます:

ロスカット目的: トレーダーは、ポジションの損失が予め設定した最大損失額に達した場合に自動的にポジションを決済するためにストップロス注文を使用します。これにより、大幅な損失を防ぎ、リスクを管理することができます。

逆方向の相場動向: トレーダーがポジションを持っている通貨ペアの価格が予想に反して逆方向に動いた場合、損失を最小限に抑えるためにストップロス注文を使用します。価格が指定したレベルに到達すると、自動的にポジションが決済されます。

ストップロス注文は、トレーダーが取引プラットフォームに設定する注文タイプです。トレーダーは、ポジションを持つ際に目標損失レベルを設定し、指定した価格に到達した場合にポジションを自動的に決済するよう指示します。

例えば、トレーダーがEUR/USDの通貨ペアでロングポジションを持っている場合、現在の価格が1.2000であるとします。トレーダーは、損失を最小限に抑えるためにストップロス注文を1.1950に設定します。もし価格が1.1950に達した場合、トレーダーのポジションは自動的に売却されます。これにより、予想に反して価格が下落し続けた場合でも、トレーダーは1.1950までの損失にとどめることができます。

ストップロス注文はリスク管理の重要な手段であり、トレーダーが損失を制限するために積極的に活用すべきツールです。トレーダーは自身のリスク許容度に合わせて適切なストップロスレベルを設定する必要があります。

利益確定注文(Take Profit Order)は、トレーダーが利益を確定するために使用する注文の一種です。利益確定注文は、指定した価格に達した場合に自動的に売買注文が発生し、ポジションを決済する仕組みです。

具体的には、以下のような状況で利益確定注文が使用されます:

利益確定目的: トレーダーは、ポジションの利益が予め設定した目標利益額に達した場合に自動的にポジションを決済するために利益確定注文を使用します。これにより、利益を確実に確定させることができます。

予想通りの相場動向: トレーダーがポジションを持っている通貨ペアの価格が予想通りに動いた場合、利益を確定するために利益確定注文を使用します。価格が指定したレベルに到達すると、自動的にポジションが決済されます。

利益確定注文は、トレーダーが取引プラットフォームに設定する注文タイプです。トレーダーは、ポジションを持つ際に目標利益レベルを設定し、指定した価格に到達した場合にポジションを自動的に決済するよう指示します。

例えば、トレーダーがEUR/USDの通貨ペアでロングポジションを持っている場合、現在の価格が1.2000であるとします。トレーダーは、利益を確定するために利益確定注文を1.2050に設定します。もし価格が1.2050に達した場合、トレーダーのポジションは自動的に売却されます。これにより、予想通り価格が上昇し続けた場合、トレーダーは1.2050までの利益を確定させることができます。

利益確定注文は、トレーダーが利益を確実に確定させるための有用なツールです。トレーダーは自身の利益目標に合わせて適切な利益確定レベルを設定する必要があります。また、利益確定注文は逆に価格が目標レベルに到達する前にポジションが決済される可能性もあるため、トレーダーは状況を適切に判断し、利益確定レベルの設定に慎重に取り組む必要があります。

スプレッド(Spread)は、通貨ペアの売り(Bid)価格と買い(Ask)価格の差を指します。売り価格は市場での買い注文の最高価格を示し、買い価格は市場での売り注文の最低価格を示します。スプレッドはブローカーや取引所によって異なりますが、一般的には固定スプレッドまたは可変スプレッドの形で提示されます。

具体的な例を挙げて説明します:

例えば、EUR/USDの通貨ペアの売り価格が1.2000であり、買い価格が1.2005であるとします。この場合、スプレッドは売り価格と買い価格の差である0.0005(または5ピップス)となります。トレーダーがこの通貨ペアで売り注文を出す場合、トレーダーの売り注文は1.2000で約定し、トレーダーはその価格で通貨を売却します。同様に、トレーダーが買い注文を出す場合、トレーダーの買い注文は1.2005で約定し、トレーダーはその価格で通貨を購入します。

スプレッドはブローカーや取引所の手数料として機能します。ブローカーは売り価格と買い価格の差を受け取ることで利益を得ます。スプレッドは通常、取引所が提供する流動性や市場の状況によって変動します。通常、主要通貨ペア(例:EUR/USD、GBP/USD)のスプレッドは比較的狭く、流動性が高いため取引コストが低くなります。一方、マイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペアのスプレッドは一般的に広くなり、取引コストが高くなる傾向があります。

トレーダーにとっては、スプレッドは取引コストの一部であり、狭いスプレッドを提供するブローカーを選ぶことが一般的です。スプレッドが狭いほど、トレーダーはより有利な価格で取引を行うことができます。また、スプレッドは市場の流動性や取引時間帯によっても変動するため、トレーダーは市場状況を考慮して最適な取引タイミングを選択する必要があります。

ご注文に関するお問い合わせをされたい場合は、「取引口座番号」と「取引注文番号」をカスタマーサポートに伝えたうえで、ご質問ください。お問い合わせチケットにてお答えいたします。

買いポジションは売り価格でオープンされ(買い価格でクローズ)、売りポジションは買い価格でオープン(そして売り価格でクローズ)されることに留意してください。

したがって、ストップロス、テイクプロフィット、未決注文は、実行される前に、価格チャートに表示されている買値または買値によってトリガーされる必要があります。

アスク価格には FIXIO(フィクシオ) スプレッドが含まれているため、常にビッド価格よりも高くなります。 したがって、注文がトリガーされた時点のスプレッドを考慮する必要があります。

たとえば、EURUSD で 1.15700 で売り取引を開始し、ストップロスを 1.15750 に設定した場合、アスク価格が 1.15750 に達したときにストップロスがトリガーされることを意味します。

したがって、その時点のスプレッドが 1.5ips である場合、チャートの価格が 1.12735 に過ぎないときに注文がクローズされる可能性があります。

価格チャートにはデフォルトでBID価格が表示されます。

プラットフォームで現在の ASK 価格を確認できない場合は、FAQ を参照してください:プラットフォームでASK 価格を表示するにはどうすればよいですか?

スワップのロールオーバー(Swap Rollover)は、通貨ペアを翌日に持ち越す際に発生する金利の差額を調整するプロセスです。通常、FX市場では、2営業日後の日付を持つポジションは自動的に次の取引日にロールオーバーされます。

具体的な例を挙げて説明します。

トレーダーがEUR/USDの通貨ペアでロングポジション(ユーロを買い、米ドルを売るポジション)を保有しているとします。この場合、ユーロの利子を受け取る一方で、米ドルの利子を支払う必要があります。ロールオーバーが行われる場合、トレーダーは保有しているポジションを翌日に持ち越すことになり、ユーロの利子を受け取る権利と米ドルの利子を支払う義務を再確定します。

具体的な計算方法は、各通貨の金利差と通貨ペアの取引量によって異なります。一般的には、金利の高い通貨を持つポジションを持ち越すと利益が発生し、金利の低い通貨を持つポジションを持ち越すとコストがかかることがあります。

例えば、トレーダーがAUD/JPYの通貨ペアでロングポジションを持っている場合を考えます。オーストラリアの政策金利が日本の政策金利よりも高い場合、トレーダーはスワップポイントを受け取ることになります。そのため、ロングポジションを翌日に持ち越すことで、トレーダーはオーストラリアドルの利子を受け取る権利を得ます。

ロールオーバーは、通常、21:00 GMT(または22:00 GMT)を基準として行われます。この時点を過ぎてポジションを持ち続けると、次の取引日までのスワップポイントが加算または減算されます。ただし、週末には3日分のスワップポイントが計算されることが一般的です。

ロールオーバーによるスワップポイントの受け取りまたは支払いは、トレーダーが保有する通貨ペアの金利差によって異なります。また、ブローカーによって提供されるスワップレートや手数料も影響を受ける場合があります。トレーダーはスワップポイントを利用した戦略やリスク管理を検討する際に、ロールオーバーに関する情報を考慮する必要があります。

はい、マイクロロット取引は、私たちの標準的な取引口座タイプにおいて、すべてのプラットフォームでご利用いただけます。

弊社はAbook取引業者でございますので、弊社が提携している流動性プロバイダーとの利用規則により、お客様の損失が資金の20%に達した場合に自動的に取引を停止する『ストップロス20%』のルールが設定されています。

ただし、ストップロスを0%に設定する、いわゆる『ゼロカットシステム』は、流動性プロバイダーによって許可されていません。

お客様の口座残高が20%まで減少した時点で、取引は自動的に終了されます。これにより、お客様がマイナス残高を抱えるリスクを防ぐことができます。万が一、お客様の口座がマイナスになった場合でも、私たちや流動性提供者がその損失を補填しますので、ご心配なく取引いただけます。

現在、フィクシオの最大レバレッジ倍率は1:400です。このレバレッジ倍率を超える変更依頼については、恐縮ながら承っておりません。 何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

取引履歴を確認する方法は2つございます。

方法1:

cTraderプラットフォーム cTraderの画面の下部に「履歴」という項目があります。

ご希望の取引期間を選択し、履歴を確認してください。

方法2: フィクシオのMyページ

1)フィクシオMyページにログインします。
2)「レポート」タブを開き、「取引記録」を選択します
3)右側にアカウントの選択欄及び取引期間選択欄がありますので、確認したいアカウント及び期間を選択します。 4)これにより、取引履歴が表示されます。

以上の手順に従って取引履歴を確認してください。よろしくお願いいたします。

CFD(差金決済取引)には、「ヘッジング」と「ネッティング」という2つの取引モードがございます。ヘッジングモードでは、市場の変動リスクを管理し、リスクを軽減するために、同じ資産に対して買いポジションと売りポジションを同時に持つことができます。一方、ネッティングモードでは、複数のポジションが統合され、最終的なネットポジションのみが表示されるため、ポジション管理がシンプルになります。

どちらのモードを選択するかは、お客様の取引戦略、リスク許容度、およびポジション管理の好みによって異なります。ヘッジングモードはリスク管理に優れている一方で、ネッティングモードはポジション管理を簡略化します。お客様のニーズに最も合った取引モードを選択してください。ご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせください。

仮想通貨におけるレバレッジの最大限度は2倍までとなっております。したがって、これを超えるレバレッジの設定は提供しておりません。ご了承ください。

はい、公式サイトからの登録後でも紐付けが可能です。詳細はサポートまでお問い合わせください。

よくある質問

ここではお客様からよくお寄せいただく質問とその答えを掲載しています。各カテゴリーごとにまとめておりますので、クリックしてご覧ください。

もしご不明点が解決しない場合は、[email protected]までお問い合わせください。

標準取引口座では、最低5ドルからご入金いただけます。VIP取引口座の最低入金額は20,000ドルです。

FIXIO(フィクシオ)では、マイナス保護(Negative Balance Protection)制度を提供しております。これは、投資家が証拠金以上の損失を被ることを防ぐための仕組みです。マイナス保護は、通常、ブローカーによって提供され、極端な市場の変動や価格の急落によってトレーダーが追加の損失を被らないようにします。 

具体的な例を挙げて説明します。

トレーダーが1万ドルの証拠金を保有しているとします。トレーダーが高レバレッジを使用してポジションを持ち、市場の急落によって損失が発生し、証拠金が不足する場合、マイナス保護の仕組みが働きます。ブローカーは、トレーダーの口座がマイナスになることを防ぐために、証拠金以上の損失をカバーする措置を講じます。

例えば、トレーダーが1万ドルの証拠金で100万ドル相当のポジションを持っているとします。市場の急落によってポジションが損失を生じ、証拠金が500ドルまで減少しました。この場合、ブローカーはマイナス保護の仕組みにより、トレーダーが500ドルを超える追加の損失を被らないようにします。ブローカーはトレーダーの口座をゼロ以下にならないように調整し、トレーダーが負債を抱えることを防ぎます。

マイナス保護は、リスク管理の観点からトレーダーにとって重要な要素です。特に高レバレッジを使用する場合や市場の急激な変動が予想される場合には、マイナス保護の提供が重要です。ただし、マイナス保護の提供にはブローカーによる条件や制約がありますので、トレーダーはブローカーの提供するサービスやマイナス保護の詳細を理解し、適切なブローカーを選択する必要があります。

①FIXIO(フィクシオ)のマイページにログインします。

②「資金管理」のタブを選択し、「出金」のボタンをクリックします。

③出金したいアカウントを選び、出金額を指定してください。

④出金方法は「国内銀行振込(日本)」または「プライムペイ」から選択できます。

・「国内銀行振込(日本)」を選択する場合には、必要な銀行口座情報を正しく入力してください。

・「プライムペイ」を選択する場合、プライムペイID欄へのプリモペイウォレットIDを入力してください。

⑤入力が完了後、「送信」ボタンをクリックしてください。すると、出金申請が完了します。

なお、出金申請後、出金額が反映されるまでの時間は、営業時間内であれば、約30分以内です。

はい、転送元の特定の取引口座にオープンポジションがない限り、可能です。

週末に取引が行われている場合、市場が再開するまで取引からウォレットに資金を送金することはできません。 週末の時間は金曜日の市場閉場時(英国時間22:00)から日曜日の市場開場時(英国時間22:00)まで始まります。

銀行口座の詳細を入手するにはどうすればよいですか? FIXIO(フィクシオ) Myページにログインし、「入金」を選択し、銀行送金方法を選択して必要な情報を入力します。 関連する銀行口座の詳細が画面に表示され、当社への送金に使用できます。

通常の営業時間内であれば、出金申請は通常30分以内に処理されます。 出金申請が営業時間外に受付された場合、翌営業日に処理されます。 当社による処理後、出金がプリモペイウォレットに反映されるまでにかかる時間は、30分以内です。

クレジット/デビット カードが拒否される理由はいくつかあります。 1 日の取引限度額を超えたか、カードの利用可能なクレジット/デビット金額を超えた可能性があります。 あるいは、カード番号、有効期限、または CVV コードに間違った数字を入力した可能性があります。 このため、これらが正しいことを確認してください。 また、カードが有効であり、有効期限が切れていないことを確認してください。 最後に、発行会社に問い合わせて、カードがオンライン取引に対して承認されていること、および請求を妨げる保護措置が講じられていないことを確認してください。 

メールアドレスとパスワードを使用して FIXIO(フィクシオ) Myページ にサインインします。
「ウォレット」セクションを開き、「入金」ボタンをクリックします。

便利な支払い方法の中からお選びいただけるようになりました。 すべての入出金は、FIXIO(フィクシオ) 側からの手数料なしで処理されます。方法を選択し、入金する金額を指定します。

次に、支払いの詳細を入力し、画面の指示に従って支払いを確認します。承認されると、入金額は FIXIO(フィクシオ) ウォレットの残高または指定された取引口座に表示され、取引履歴にも表示されます。資金を口座に移して取引を開始できるようになりました。

ご不便をお掛けして、大変申し訳ございません。 クレジットカード決済サービスにつきましては、只今、準備中でございます。

本メンテナンスが完了致しましたら、フィクシオ公式サイトにてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。